いよこのブログ

元体育教師、スポーツインストラクターで現在専業主婦が書く野球と旅行ブログ。息子をプロ野球選手にすることを密かに夢見る主婦。

野球少年のお母さん!朝ご飯は練習・勉強に必要な唯一のエネルギー源です!

*スポンサーリンク*
-->

f:id:iyoiyo_iyoco:20190309214943p:image

こんにちは。いよこ(@iyoco1021)です。

教師時代、朝ごはんを食べてきたかどうかのアンケートを取ったことがあるのですが、

私の学校では、25%の生徒が朝ごはんを食べてきていなかったんです。

理由は、

・時間がないから

・お腹が空かないから

・用意されていないから

 

こんなに朝ごはんを食べずに1日を過ごす生徒がいることに驚きました。

その中には、野球部などの、1番朝ごはんをきちんと食べて欲しい子たちも含まれていました。

 

私は、朝ごはんって1日の食事の中で1番大事だと思ってるんです!!

スポーツをする子供ならなおさら! 

 

 

朝ごはんはなぜ食べなければいけないのか?

朝ごはんを食べなさい食べなさいって言うけど、なんで食べないといけないの?

理由がはっきりしないと食べる気も起きませんよね~

 

脳みそのエネルギー補充

 

脳みその唯一のエネルギー源って、何か知っていますか??

脳の活動エネルギーは、ブドウ糖の働きによるものなんです。

そのブドウ糖は、体内に貯めておくことが出来ず、すぐ足りなくなります。

脳細胞は、想像以上に多くのエネルギーを必要とするんです。

つまり、朝起きた状態は、脳は、エネルギー不足の状態なんです。

エネルギー不足の状態のまま、学校や職場へ行っても、勉強やスポーツ、仕事への集中力や記憶力は低下してしまいます。

 

スポーツをしているときって、想像以上に脳細胞が働いているんです。

考えなければ、体を動かしたり、トレーニングをしたり出来ませんからね。

 

ブドウ糖は何を食べると摂取できる?

 

不足したエネルギーを補充するのにおすすめなのは、ごはん!

ごはんは、消化がゆっくりなので、ゆるやかに血糖値を上げてくれます。

胚芽米、全粒粉パンなど、ビタミンB群も同時に摂取できる穀類もおすすめです。

 

朝ごはんを食べなかったらどうなる?

 

朝ごはんなしで、学校や職場へ行くと、脳のエネルギーが不足して、イライラしたり、集中力が続かなかったりします。

スポーツをする子供にとっても同じで、エネルギー不足のままでは、きつい練習にトレーニング、これらに集中して向き合うのは難しいと思います。

 

朝、食欲がない時はどうしたらいい??

朝起きてすぐご飯を食べるというのは、誰でもきついですよね・・・

朝ごはんをちゃんと食べたいなら、朝、いつもより5分だけでも早く起きて、体を動かし、全身を起こしてあげてください。

散歩をしたり、ストレッチをしたり、踊ってもいいです、何でもいいのでとにかく体を軽く動かしましょう。

また、起きたら水分を取ることも、食欲を増加することにつながります。

 

すぽーつ麦茶を取り入れる

 

すぽーつ麦茶とは、スポーツをがんばる人達に大人気の、アミノ酸を中心とした栄養素を含むオルゾモンドやスーパーフードのキヌアなどの素材を原料として配合された麦茶です。

 

「すぽーつ麦茶」は、原料にオルゾモンドが使用されています。
「オルゾ(Orzo)」はイタリア語で「大麦」を、

「モンド(Mondo)」は大麦の種類を表しています。

 

モンド種は、イタリアで古くから親しまれてきた古代麦の一種で裸麦とも呼ばれ、お米の胚芽にあたる部分まですべて食べることができ、ギリシャ・ローマ時代には剣闘士が戦いの前に食べて元気をつけたという栄養豊富な大麦です。

 

さらに「すぽーつ麦茶」で使用している「オルゾモンド」は、日本農林規格(JAS 規格)の厳しい生産基準をクリアして生産された、有機食品の検査認定制度、有機JASを取得しているので、安心です。

 

 

 

 

プロのスポーツ選手の朝ごはん一例

田中将大選手の朝食

 

楽天イーグルスで、メジャーリーガーの田中将大選手

 

アジの干物(んまかったわぁ~)

ベーコンアスパラ炒め

ほうれん草のお浸し

おぼろ豆腐

海苔

大根のお漬物

胡麻昆布

ご飯

玉葱ジャガイモなどの(忘れた)お味噌汁

デコポン

ヨーグルト

(引用:里田まいオフィシャルブログPowered by Ameba

 

凄いですね~!

読んでいるだけでお腹いっぱいです。

これらを朝から食べる田中将大選手も凄いですが、

この品数を朝から用意する里田まいさんも凄いです。

 

スポーツキッズを応援する親の覚悟 

子供の野球などのスポーツを応援する親には覚悟が必要です。

試合の日は朝ごはんはもちろん、お弁当、晩ご飯など、食事の管理はとても大切です。

そのサポートで、子供の体は大きく変わります。

 

例えば、清宮幸太郎選手は、

・1日牛乳を2L以上飲む

アスリートフードマイスターのお母さんが食事の栄養管理を徹底管理

ハンバーガーなどのジャンクフードは食べない

 

など、プロ野球選手になる前から、食生活の意識が高く、お母さんの努力も並々ならぬものだったと思います。

 

スポーツ選手のウォーミングアップは、朝ごはんから始まっているんです! 

食欲のない日は、シリアル(コーンフレーク)を使っても大丈夫です!

まだたくさん食べられない子供には、サプリメントに助けてもらうのも1つの手段です。

 

 

プロ野球選手を間近で見たことがある人ならわかると思うんですが、彼らの体は本当にでかいです!

厚みが一般の人とは違うんですよね~。

 

野球など、スポーツに励む子供たちの体作りと、疲労回復のためには、親の食事面でのサポートは必要不可欠です。

頑張る子供たちの背中を食事面で、しっかり支えてあげてください。